ようこそゲストさん! >>  ユーザ名 パスワード   新規登録パスワード忘れtwitterでつぶやく
  [フォーラム] [ニュース] [ブログ] [リンク集] [XOOPS関連RSS] [うさぎの辞典] [ダウンロード] [このサイトについて]
Login by facebook
Login by twitter
検索
マンガ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
twitter
XOOPS Cubeを使おう♪
インストール編
タイトルとテーマを変更しよう
ユーザー情報を変えよう
モジュールを使おうpico編
モジュールを使おう d3pipes編
モジュールを使おう bulletin編
モジュールアップデートをしよう
HDをアップデートする
ユーザーさんマニュアル
インストール編 旧
携帯サイト
うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪ 携帯サイト うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪ 携帯サイト
Go iPhone!

Re: picoの便利機能 その2

対象モジュール XOOPS Cubeを使おう♪
件名 picoの便利機能 その2
要旨 ではpicoの便利機能その2をやりましょう。今日はhtmlみたいなページにくっつける機能について説明するわね はぁい。じゃ、このあいだ入ったところまで自分でやってみます。まずは管理者であるうさぎのidでログインしてー、管理者メニュー、そ...

このトピックの投稿一覧へ

なし Re: picoの便利機能 その2

msg# 1.1.2
depth:
2
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2010-9-3 18:26

games  新米
  投稿数: 2
引用:

mikaさんは書きました:
gamesさん、こんにちは。


XOOPSのmetaタグはテーマに書かれています。theme.htmlで

<!-- RMV: added module header -->
<{$xoops_module_header}>

と書いてあたりみたいです。

gamesさんの行いたいことを実現する場合は、titleとkeywordsとdescriptionの記述がxoops_module_headerにあったら、元々それらを表示しているところを表示しないようにする、という方法でいけそうです。

・title
<title><{$xoops_sitename}> - <{$xoops_pagetitle}></title>
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<title>"))}>
<title><{$xoops_sitename}> - <{$xoops_pagetitle}></title>
<{/if}>

#これはcube_defaultの場合で、テーマが異なったときは全く同じではないかもしれません。
 その場合は<title>行の置き換えに気をつけてください。

・keywords
<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<meta name=\"keywords\""))}>
<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />
<{/if}>

・description
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<meta name=\"description\""))}>
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
<{/if}>

これで試してみたところ、うまくいきました。
お試しください♪


教えていただいた通り記述したところ、
無事思い通りの表示になりました。

素早い回答をしていただきまして、
ありがとうございました。

投稿ツリー

  条件検索へ


Powered by XOOPS CUBE LEGACY 2.1.X and RYUS