ようこそゲストさん! >>  ユーザ名 パスワード   新規登録パスワード忘れtwitterでつぶやく
  [フォーラム] [ニュース] [ブログ] [リンク集] [XOOPS関連RSS] [うさぎの辞典] [ダウンロード] [このサイトについて]
Login by facebook
Login by twitter
検索
マンガ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
twitter
XOOPS Cubeを使おう♪
インストール編
タイトルとテーマを変更しよう
ユーザー情報を変えよう
モジュールを使おうpico編
モジュールを使おう d3pipes編
モジュールを使おう bulletin編
モジュールアップデートをしよう
HDをアップデートする
ユーザーさんマニュアル
インストール編 旧
携帯サイト
うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪ 携帯サイト うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪ 携帯サイト
Go iPhone!

picoの便利機能 その2

モジュールを使おうpico編  >  picoの便利機能 その2
ではpicoの便利機能その2をやりましょう。今日はhtmlみたいなページにくっつける機能について説明するわね
はぁい。じゃ、このあいだ入ったところまで自分でやってみます。まずは管理者であるうさぎのidでログインしてー、管理者メニュー、そして pico が うさぎドキュメンツ という名前にしてあるから左メニューの うさぎドキュメンツをクリックして 一般設定 リンクをクリックー
う〜ん、成長したわねっ。そのとおり。じゃ、下の画面を見てちょうだい。これは途中が省略してあるので一般設定画面の真ん中ぐらいの位置にある項目なの。まずは5番からやってみましょう。
 
 
5番は〜 ページナビゲーションを表示する ですね。
そうね、前回と同じように いいえ と はい の設定の時にどういう風に変わるのかを見てみましょう。
 
 
しろちゃんかわいい〜♪ じゃなくって、うーん…あ、はい の方の一番下に矢印で移動できるボタンがついてます〜。このカテゴリは2ページだから左側だけだけど3ページ以上なら右の矢印もでそうですね〜
そうね、正解よ。上向き矢印はカテゴリーのトップに戻れるようになっているの。1つのコンテンツは大概、複数ページにわたってるからこのオプションは はい にしておくと便利ね。じゃ、次に6番〜
6番は 印刷画面へのリンクを表示する ですねっ。う、印刷用の画面があるんだー
そうね。cssを使って印刷用に体裁を整えることもできるし、マニュアル的なページなら印刷してじっくり見たい、っていう人もいると思うの。
このオプションも いいえ と はい の状態を見比べてみましょう。関係するのはページの下の方なのでそこをアップにしてみます。
 
 
おー!プリンタのマークが出てますね〜かっこい〜。ポチッと押してみますー
あ、印刷用のウィンドウも出るし、このまま印刷できるんですね。
 
 
そうそう。themeに印刷用のcssもつけておくと、印刷もcssで整形したものが出せるの。とりあえずはこのままでも大丈夫よ!
プリンタ用画面
前
picoの便利機能 その1
カテゴリートップ
モジュールを使おうpico編
次
picoの便利機能 その3

コメント一覧

games  投稿日時 2010-9-3 18:26
引用:

mikaさんは書きました:
gamesさん、こんにちは。


XOOPSのmetaタグはテーマに書かれています。theme.htmlで

<!-- RMV: added module header -->
<{$xoops_module_header}>

と書いてあたりみたいです。

gamesさんの行いたいことを実現する場合は、titleとkeywordsとdescriptionの記述がxoops_module_headerにあったら、元々それらを表示しているところを表示しないようにする、という方法でいけそうです。

・title
<title><{$xoops_sitename}> - <{$xoops_pagetitle}></title>
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<title>"))}>
<title><{$xoops_sitename}> - <{$xoops_pagetitle}></title>
<{/if}>

#これはcube_defaultの場合で、テーマが異なったときは全く同じではないかもしれません。
 その場合は<title>行の置き換えに気をつけてください。

・keywords
<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<meta name=\"keywords\""))}>
<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />
<{/if}>

・description
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<meta name=\"description\""))}>
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
<{/if}>

これで試してみたところ、うまくいきました。
お試しください♪


教えていただいた通り記述したところ、
無事思い通りの表示になりました。

素早い回答をしていただきまして、
ありがとうございました。
mika  投稿日時 2010-9-3 12:00
補足です。

このif文では「モジュールヘッダにtitle(keywords、description)という文字がなければ、表示する」というような判断を行っています。

それと書き込むとバックスラッシュ \ のように見える部分がありますが、Windowsローカルで記述しているときは ¥ マーク(半角)です。これは ” (の半角) をエスケープするためにつける記号です。
mika  投稿日時 2010-9-3 11:56
gamesさん、こんにちは。

引用:

gamesさんは書きました:
初めまして。いつも参考にさせていただいております。

今回は、少し分からない事があり、質問させていただきました。

picoの「一般設定」より、
「コンテンツ毎のHTMLヘッダを許可する」→「はい」に設定し、
picoコンテンツ内の「HTMLヘッダー」欄に以下を記入。

<title>【pico用】タイトル</title>
<meta name="keywords" content="【pico用】キーワード" />
<meta name="description" content="【pico用】コンテンツ概要" />


記入後、正常に出力されているかソースを確認しましたら、


<meta name="keywords" content="【xoops用キーワード】" />
<meta name="description" content="【xoops用説明文】" />
<title>【xoopsタイトル名】</title>
〜〜〜省略〜〜〜
<meta name="keywords" content="【pico用キーワード】" />
<meta name="description" content="【pico用説明文】" />
<title>【picoのページタイトル】</title>

と表示されてしまっております。

このままだと不都合ですので、この場合不要な
<meta name="keywords" content="【xoops用キーワード】" />
<meta name="description" content="【xoops用説明文】" />
<title>【xoopsタイトル名】</title>

をPICOコンテンツ内のソースから削除するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

ご教示いただけると幸いです。

XOOPSのmetaタグはテーマに書かれています。theme.htmlで

<!-- RMV: added module header -->
<{$xoops_module_header}>

と書いてあたりみたいです。

gamesさんの行いたいことを実現する場合は、titleとkeywordsとdescriptionの記述がxoops_module_headerにあったら、元々それらを表示しているところを表示しないようにする、という方法でいけそうです。

・title
<title><{$xoops_sitename}> - <{$xoops_pagetitle}></title>
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<title>"))}>
<title><{$xoops_sitename}> - <{$xoops_pagetitle}></title>
<{/if}>

#これはcube_defaultの場合で、テーマが異なったときは全く同じではないかもしれません。
 その場合は<title>行の置き換えに気をつけてください。

・keywords
<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<meta name=\"keywords\""))}>
<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />
<{/if}>

・description
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
という行を以下に置き換えます。

<{if (!strpos($xoops_module_header,"<meta name=\"description\""))}>
<meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />
<{/if}>

これで試してみたところ、うまくいきました。
お試しください♪
games  投稿日時 2010-9-3 10:33
初めまして。いつも参考にさせていただいております。

今回は、少し分からない事があり、質問させていただきました。

picoの「一般設定」より、
「コンテンツ毎のHTMLヘッダを許可する」→「はい」に設定し、
picoコンテンツ内の「HTMLヘッダー」欄に以下を記入。

<title>【pico用】タイトル</title>
<meta name="keywords" content="【pico用】キーワード" />
<meta name="description" content="【pico用】コンテンツ概要" />


記入後、正常に出力されているかソースを確認しましたら、


<meta name="keywords" content="【xoops用キーワード】" />
<meta name="description" content="【xoops用説明文】" />
<title>【xoopsタイトル名】</title>
〜〜〜省略〜〜〜
<meta name="keywords" content="【pico用キーワード】" />
<meta name="description" content="【pico用説明文】" />
<title>【picoのページタイトル】</title>

と表示されてしまっております。

このままだと不都合ですので、この場合不要な
<meta name="keywords" content="【xoops用キーワード】" />
<meta name="description" content="【xoops用説明文】" />
<title>【xoopsタイトル名】</title>

をPICOコンテンツ内のソースから削除するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

ご教示いただけると幸いです。
Powered by XOOPS CUBE LEGACY 2.1.X and RYUS