ようこそゲストさん! >>  ユーザ名 パスワード   新規登録パスワード忘れtwitterでつぶやく
  [フォーラム] [ニュース] [ブログ] [リンク集] [XOOPS関連RSS] [うさぎの辞典] [ダウンロード] [このサイトについて]
Login by facebook
Login by twitter
検索
マンガ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
twitter
XOOPS Cubeを使おう♪
インストール編
タイトルとテーマを変更しよう
ユーザー情報を変えよう
モジュールを使おうpico編
モジュールを使おう d3pipes編
モジュールを使おう bulletin編
モジュールアップデートをしよう
HDをアップデートする
ユーザーさんマニュアル
インストール編 旧
携帯サイト
うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪ 携帯サイト うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪ 携帯サイト
Go iPhone!

picoの便利機能 その3

モジュールを使おうpico編  >  picoの便利機能 その3
じゃ、続けてページにくっつける機能を説明します〜。
いっぺん管理者メニューを閉じちゃったから入り直しますぅ。
管理者であるうさぎのidでログインしてー、管理者メニュー、そして pico が うさぎドキュメンツ という名前にしてあるから左メニューの うさぎドキュメンツをクリックして 一般設定 リンクをクリックっ
 
 
順調順調〜。今日はこの7番と8番について説明するわね。「友達に紹介するリンクを表示する 」と「tellafriendモジュールを利用する」ってかなり似たような感じがするけど一つ一つ確認しましょう〜。まずは7番から。
はいい〜。7番 友達に紹介するリンクを表示する ですね。やってみますー
 
 
おお…メールのマークが出るんですねー。メールのマークを押すと…
 
 
メーラーが立ち上がって、メールを送る画面になった〜。しかもurlとかサイト名も入ってますね〜。超便利!
そうなの!このメールを送る機能なんだけど、環境によっては日本語が文字化けするらしいのよ。このままで問題なければいいんだけど、文字化けしたりあるいはWEBメールで送ってほしいと思う場合は8番の tellafriendモジュールを利用する を使うの。
今ひとつ必然性がわかんないんだけど、、、やってみればいいんですねー。
8番の tellafriendモジュールを利用する を はい にして見てみました〜。うーん、見た目はさっきの7番を はい にしたときと同じですね。じゃぁメールのマークをポチッとな…
 
 
きゃぁぁぁぁ〜。な、なんだろう。。これは何かエラーを起こしちゃったみたいですー。
落ち着いて!うさぎ。モジュールをインストールしないとダメよ、って説明しようと思ったけどうさぎがあまりにも早くクリックするから〜
そうだったのかー。よかったー。モジュールのインストールかっ、また新しい領域へ…
Tell A FriendモジュールはGIJOEさんのPEAK XOOPS にあります。
http://xoops.peak.ne.jp/md/mydownloads/singlefile.php?lid=48&cid=1
これをダウンロードしてね。ダウンロードしたあとは解凍すると class と modules というフォルダができるから、それをftpでアップロードします。自分のXOOPSサイトのルート(mainfile.phpが置いてあるところ、一番上ね)にアップロードしてね。
うわぁ、なんだかどさくさに紛れてモジュールの追加もおぼえられちゃいそう〜
うん。。。(ホントは説明が面倒なんだけど、がんばる〜) そ、そうねー。アップロードが終わったら 管理者メニュー に入って、 互換モジュール>モジュールのインストール をクリックしてね。
そうするとこんな画面になります。
 
 
おお、さっき入れたTell a Friendモジュールが表示されてますー。
 
赤いまる、で囲ったボタンがインストールボタンなので押してみて〜
おしましたー、おっと…確認画面が出たから もいっかい インストール を押して…。インストールの終了画面…、終わったみたい?です〜
 
 
 
 
じゃっ、さっきの表画面に戻って〜 メールのマークをポチッとな〜 ……えぇーっ 「このエリアのアクセスは許可されてません」、、、えー?ログイン画面になっちゃった…
 
 
 
あああっ、またうさぎ先走って。。えっとね、モジュールをインストールしたときはゲストの人が見られない設定になっていることが多いのよ。前に説明した3つのアクセスする人たちのことおぼえてる?
えぇと。。サイト管理者、登録ユーザ、ゲスト ですねっ。そっかー、そのグループごとに見れるとか見れないとか設定するんですね。今、表画面の確認は別のブラウザでゲスト状態だから少なくともゲストは見れない状態なんですね〜
そうそう、思い出してくれたわね。
じゃ、管理画面でそれがどうなっているか見てみましょう。管理者メニューの左ブロックで ユーザーモジュール を選んで、ユーザーグループ管理 をクリックするの。この画面ね。
 
 
あー、思い出したー。確か、進入禁止みたいなマークを押して確認するんですねっ。
 
 
そうそう〜。さてどうなっているかを見てみましょう。ゲストさんが入れないのは確かなのでゲストさんから確認ね。押してみて〜
 
 
なるほどー。 Tell a Friend のところの アクセス にチェックが入ってません。これじゃー見られないよねっ。ここにチェックを入れてー、画面の一番下にある 送信 を押しますー
 
 
ついでにあと2つのグループ、サイト管理者と登録ユーザがどうなってるか見てみてね。
はいぃ。送信、を押したら同じ画面に戻るのでちゃんと設定できたのは確認できましたー。じゃ、左ブロックの ユーザーモジュールの中にある ユーザーグループ管理 をクリックしてー、 登録ユーザ の行にある進入禁止マークのパーミッションボタンを押してっと。
 
 
おお。登録ユーザは既に Tell a Friend のところの アクセス にチェックが入っております〜。続いて サイト管理者 グループを同じようにチェックしてみますっ。
 
 
こっちもばっちり〜 Tell a Friend のところの アクセス にチェックが入ってますー。あ、サイト管理者の場合は 管理 にもチェックが入ってるんですね。そっかーだから管理できるんだぁ。
そうねー。だいたいモジュールを追加するとこうなってることが多いみたい。モジュールを追加するということはこのグループへの権限をどうするかを決めて、権限を与える〜ってことが必要になってくるのでおぼえてね♪
はいぃ〜。うさぎまた成長しちゃいました。じゃぁ、さっきのダメだったところも一回押して確認してみますぅ〜
 
 
おー、今度はちゃんと出ましたっ。なるほどぉ、WEBメーラーの感じになるんですねぇぇ。なんかこれはこれで使いやすそう!
そうね〜、WEBメーラーというものも使えるようになるのね。じゃ、登録ユーザだとどうなるかしら?見てみてちょうだい
はぁい。じゃ、テスト用に作ってある kame というユーザだったらどうなるかっ。
ログインしてー。
おおっ。さっきより入力欄が少なくなってるー。
ログインしているときはその情報が使われるから入力しなくてもいい欄は表示されないの。じゃ、実際にどんなメールになるのか送ってみて〜。
 
 
きゃははは!届いた、届いた〜。kameちゃんからのメールっ。これは便利だぁぁ。
 
 
ね。7番でも8番でもどちらでもできるけど、メールを直接送る、っていう設定で問題が起こったら8番にすればいいってこと。ついでにモジュールの追加もおぼえられて良かったわね♪
あれっ??左側のメニューに「Tell a Friend」というのが出てるっ?押してみると、、うむー?これってどうかなぁ、、コンテンツのページからは飛んでほしいけど、メニューに出すほどではないかもー
 
 
そうねー、モジュールには Tell a Friend みたいにメニューに出さなくても使えるものがあるから、メニューに出したくなければ出さない方法もあるわよ。じゃ、ついでにそこまでやってみましょう〜。
じゃ、管理者さん、管理者メニューまで入ってください
はいぃ。うさぎのidで入り直してー、管理者メニュー。入りましたっ。
前に pico を うさぎドキュメンツ っていう名前に変えたときと手順が似ているの。左ブロックにある 互換モジュール をクリックして モジュールの管理 リンクをクリックしてね。そうするとこの画面になるの。
 
 
おおっ!見たことありますー。Tell a Friend は一番下にありますね〜。バックカラーがピンク色だからメニューに出てる状態なんですね。んーと、このメニューに出ちゃってるのを見えなくするにはどうすればいいんですか?
並び順、っていう列に数字の 1 って入ってるわね。メニューに出ているモジュールでメニューからは消したいモジュールの 並び順 は 0 にするとメニューに出なくなるの。
はいぃ。じゃ、Tell a Friend の並び順に 0 を入れてっと。すぐ下にある アップデート ボタンを押します〜。確認画面が出ましたー。
 
 
変更部分が 赤色 で出てるから〜確認してー おっけ〜 じゃ、アップデート ボタンをクリックー
 
 
戻った画面で、バックカラーが変わってることを確認しましたっ!肝心の表画面は〜 管理画面の右上の ホームページ を押して戻りますぅ。
おおおおお、消えてるー。
 
 
これでモジュールのインストールから権限の設定、それからメニューに出したくないときはどうやって消すか?ってことまでおぼえられたわね。
はいぃ〜。picoの便利機能だけでなくてモジュールのインストールまで行けましたっ
まだまだ、picoの便利機能はあるので続けて説明します〜♪
プリンタ用画面
前
picoの便利機能 その2
カテゴリートップ
モジュールを使おうpico編
次
picoの便利機能 その4

コメント一覧

mika  投稿日時 2007-11-30 17:38
ありがとうございます〜

ほめていただいて木に登ってまだまだどんどん作りますね〜
sakura  投稿日時 2007-11-30 13:49
すごーいっっ
画面の前でお手手たたいておがんじゃいました
ヽ(^____^)ノ
Powered by XOOPS CUBE LEGACY 2.1.X and RYUS