インストール画面 16/22

おめでとうございます!インストール第1ステップが完了しました。
しかし、このあとのステップをもうちょっとだけやらないと実際に使えるようにはなりません。
画面を閉じずに第2ステップの方法をじっくりと読み、[次へ]ボタンを押します。

インストール画面 17/22

管理者のログイン画面です。必要な情報をメモ!でメモをしておいた管理者ユーザ名とパスワードを入れ、[ログイン]ボタンを押します。

インストール画面 18/22

モジュール選択画面です。導入推奨モジュールにはあらかじめチェックが入っています。ここではすぐにサイト作りができるように 選択導入可能モジュールの中から

d3blog (ブログモジュール)
d3forum (フォーラムモジュール)
d3pipes (RSSパイプモジュール)
hdpoll (投票モジュール)
pico (静的コンテンツモジュール)

を導入してみます(一例ですので特に同じようにしなくても、お好みのモジュールを選択していただいて大丈夫です)。これら5つにもチェックを入れてから[インストール]ボタンを押します。
ここでインストールしなくても、既にファイルがアップロードされているので管理画面からこれらのモジュールをインストールすることも可能です。


インストール画面 19/22

XOOPS Cube本体のインストール、xoops_trust_path、モジュールの設置が終了して確認画面が表示されます。
画面にあるようにセキュリティのため、installフォルダをftpソフトなどで削除します。削除が終わったら、ブラウザを再読込してください。

インストール画面 20/22

やっとXOOPS Cubeの表画面!が出ました。インストールの途中で指定したテーマが使われています。
あともう一カ所、最後の設定をします。
画面のユーザーメニューにある管理者メニューをクリックして管理者画面に入ります。

インストール画面 21/22

管理画面にはいるとmainfile.phpに関する警告が表示されています。書いてあるとおりにmainfile.phpの属性をftpソフトなどで書き込み不可(755など)に変更してください。変更後、ブラウザの再読込を行います。

インストール画面 22/22

再読込をすると先ほどの警告文が消えた画面になります。
これでインストールとセキュリティ上の設定がすべて終わりました。

モジュールの設定やコンテンツの入力により、より自分らしいサイトにカスタマイズしていきましょう♪